気になるタグ  #22年度診療報酬改定

全 55 件
    次の10件>  最終>>|

【2022年度診療報酬改定】外国価格調整は新規収載時のみに 業界が要望

中医協・保険医療材料専門部会が業界ヒアリング

2021-11-30
中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会は11月26日、2022年度の保険医療材料制度の見直しについて、医療機器業界から意見を聴取した。業界側は、▽再算定は原則廃止し、外国価格調整の実施は新規収載時の1回のみとする▽技術料で評価するプログラム医療機器のうち、有効性・安全性が高いものや、医療者の負担軽減に貢献するものは、技術料を増点する―ことなどを要望した。  ・・・もっと見る

【22年度診療報酬改定】外来や在宅のデータ提出が論点に 中医協・総会

診療側は対象医療機関の限定を要請

2021-11-30
【概要】○中央社会保険医療協議会は11月26日の総会で、▽データ提出▽検査値データのレセプト請求への活用―などを議論○データ提出では、外来、在宅、リハビリテーションについて、患者の病態や実施した医療の内容等に関するデータを提出した場合の評価を論点に提示。診療側は協力可能な医療機関に対象を限定することを求め、入院料のような要件化には反対した○検査値データのレセプト摘要欄への記載を求め、レセプト審査に活用することも検討課題となったが、診療側は審査の画一化につながることを危惧し、参考データとしての活用にとどめるよう念を押した  ・・・もっと見る

【22年度診療報酬改定】DPC/PDPSと「短期滞在手術等基本料」を議論 中医協・総会

急性心筋梗塞等の診断群分類は発症からの日数でさらに区分を

2021-11-26
【概要】○中央社会保険医療協議会・総会は11月24日、DPC/PDPSと「短期滞在手術等基本料」を議論○DPC/PDPSでは、▽手術が定義されていない診断群分類では入院元の違いで診断群分類を分ける▽急性心筋梗塞のような発症からの日数によって病態が変わる疾患は発症日からの日数で診断群分類を区分する―ことなどが論点○「短期滞在手術等基本料」は、▽基本料2の廃止の是非▽基本料3の対象拡大―などが論点に挙がっている  ・・・もっと見る

【22年度診療報酬改定】一般病院の損益率はマイナス6.9%の赤字 医療経済実態調査

コロナ補助金で黒字化を保つ状況浮き彫りに

2021-11-26
【概要】○11月24日に公表された医療経済実態調査によると、一般病院の2020年度の1施設あたり損益率は▲6.9%となり、19年度の▲3.1%から赤字が拡大するも、新型コロナウイルス関連の補助金を含めた損益率では0.4%の黒字○一般診療所の損益率は、個人28.0%(19年度31.8%)、医療法人3.8%(6.5%)といずれも悪化。補助金を含めると、個人28.8%、法人4.2%となるが、19年度の水準には届かない○保険薬局の損益率は、個人9.9%(11.4%)、法人6.4%(6.6%)。補助金を含めると、個人10.4%、法人6.6%  ・・・もっと見る

【22年度診療報酬改定】25対1療養病床の存廃巡り対立続く 中医協・総会

リハビリ目的での利用実態があることも問題に

2021-11-24
【概要】○中央社会保険医療協議会の11月19日の総会では、看護職員配置25対1療養病棟の経過措置を巡り、予定通り2022年3月末での終了を主張する支払側と、延長を求める診療側の意見が対立○支払側はこれら病棟が、リハビリ目的で利用されている実態があることを特に問題視している○「障害者施設等入院基本料」は、重度の意識障害以外の脳卒中患者について、「療養病棟入院料1、2」算定病棟に入院する脳卒中患者と医療的な状態や、医師の診察頻度などが類似していることから、投薬等を入院料に包括することの是非が論点となっている  ・・・もっと見る

【22年度診療報酬改定】不妊治療の保険適用を議論 中医協・総会

対象技術や年齢・回数制限は学会GLや助成事業を参考に検討へ

2021-11-19
【概要】○中央社会保険医療協議会・総会は11月17日、不妊治療の保険適用について議論。○不妊治療のうち、生殖補助医療(体外授精、顕微授精)で保険を適用する医療技術等や、年齢・回数等の要件、施設基準は学会ガイドラインや自治体による治療費の助成事業の基準を参考に検討する方向で概ね一致○同日は、▽疾患別リハビリテーションのリハビリテーション実施計画書等への署名手続きの簡素化▽「摂食嚥下支援加算」の看護師配置要件の緩和―なども議論したが、各側の意見が割れている  ・・・もっと見る

【22年度診療報酬改定】プログラム医療機器の評価明確化で具体案提示 厚労省

医師働き方改革への貢献は施設基準緩和での評価も

2021-11-18
厚生労働省は11月12日の中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会に、プログラム医療機器への対応について、論点を示した。診療報酬上の位置付けを明確化するとともに、従来よりも少ない医療従事者数での対応を可能にするといった医師働き方改革への貢献が認められる場合は、施設基準に反映させることなどを提案。概ね了承された。 ・・・もっと見る

【22年度診療報酬改定】費用対効果評価制度の見直しで関係業界ヒアリング

業界側は効能追加の評価対象からの除外を要望

2021-11-18
中央社会保険医療協議会・費用対効果評価専門部会は11月12日、医薬品・医療機器の費用対効果評価制度の見直しで、関係業界から意見を聴取した。業界側は、効能追加の費用対効果評価対象からの除外を求めたほか、企業分析が期限内に終わらなかった場合や、既存技術と効果が同等で費用が増加する品目について最小の価格調整係数を適用する案に異議を唱えた。 ・・・もっと見る

【22年度診療報酬改定】回復期入院医療について議論 中医協・総会

一部役割しか担っていない地ケア病棟の評価で議論が紛糾

2021-11-16
【概要】○中央社会保険医療協議会・総会は11月12日、回復期入院医療や入院関連の横断的個別事項を議論○「地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料」では期待される3つの役割のうち、一部しか担えていない病棟を巡り、評価の見直しを求める支払側と見直しに反対する診療側が対立○「回復期リハビリテーション病棟入院料5、6」を長期間算定している病棟の扱いでは、支払側が算定期間の上限設定を提案した  ・・・もっと見る

【22年度診療報酬改定】外来機能分化の推進について議論 中医協・総会

受診時定額負担は初診2,000円、再診500円程度の引き上げで一致

2021-11-16
【概要】○中央社会保険医療協議会・総会が11月12日に行った外来機能分化の推進に関する議論で、大病院外来受診時定額負担の引き上げ額(保険給付から控除して現在の負担額に上乗せ)について、初診は2,000円程度、再診は500円程度とするのが妥当との見解で一致○重点外来基幹病院の評価では、一般外来の負担が軽減される分、入院機能が強化されることなどを理由に、「地域医療支援病院入院診療加算」のように入院を評価する案が出ている  ・・・もっと見る
    次の10件>  最終>>|